So-net無料ブログ作成

徳島と言えば・・・ [sports]

 徳島では

FIBA ASIA CHAMPIONSHIP 2007
第24回FIBAアジア男子バスケットボール
兼2008年北京オリンピックアジア地区予選

が行われています。


徳島名産のすだち君


 バスケットボールは、昔ほどではありませんが、プロリーグができた今でも一般にはややマイナーなスポーツです。

 夫は、バスケットは15年以上やっており面白さを熟知していますが、素人の私が見ても、バスケットはとても面白いです。

 素人的な面白さを言いますと、野球やサッカー等はなかなか点が入らずモゾモゾしますが、バスケットボールはたくさん点数が入り、盛り上がる場面がたくさんあります。

 かといって、1点の重みが無いかというと、1点を争うゲームがたくさんあります。

 ぜひ、みなさんもバスケットボールを生で見てください。


 

 


 徳島というと・・・・・

 私は多少、徳島には縁があり、会場となっているアスティ徳島も何度か行ったことがあります。

 

アスティ徳島


 


 徳島と言えば・・・・・

 

鳴門大橋

 

うず潮

 

 鳴門大橋の中央付近車道下には、うず潮見物のための展望台があります。

 恐ろしー。 


 

うだつのある町並み

 

 「うだつ」という言葉を聞いたことありませんか?

 そう、”うだうが上がらない”で有名なうだつです。

 うだつとは、屋根の両端を一段高くして火災の類焼を防ぐために造られた防火壁のことです。

 美馬市には多くこの「うだつ」が残っていますが、裕福な家のみが「うだつ」を造ることができたため、庶民の願望から「うだつを上げる・うだつが上がらない」という言葉ができたのです。


 
阿波の土柱 

 

 アメリカロッキー山脈、イタリアチロル地方と並んで、何と世界三大土柱が徳島にはあります。

 土柱は礫や砂からなる段丘礫層(土柱礫層)が風雨により浸食され柱状になったものです。


 
 

秘境祖谷かずら橋

 
 

 

「大歩危・小歩危」と書いて何と読むかわかりますか?

これは、「おおぼけ・こぼけ」と読みます。 

大股で歩くと危険、小股で歩くと危険な岩場があるため、このような地名がついたと言われています。

この大歩危・小歩危がある吉野川中流域付近の祖谷地方にある橋が、かずら橋です。

その昔、平家の落人がこの地に潜み、追っ手が来てもすぐに切り落とせるように、かずらを使って橋を作ったと言われています。

 日本三奇橋の一つで、橋を渡るとものすごく揺れます。

 また、写真のように、すき間が大きく空いており、夫はここをスリッパで荷物を抱え、片手でカメラを撮りながら渡っていました。

 すごく怖いけれど、とてもエキサイティングで楽しいので、みなさん一度は渡ってください。


  

小便小僧 

 これも、大歩危小歩危狭の近くにある小便小僧です。

 なぜか、断崖絶壁に立っています。


 以上、知る人ぞ知る、徳島の名所でした


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。